MENU

ベジセーフは野菜や果物やお米を洗う専用水

野菜用の洗剤はいろいろな種類がありますが、食べ物に洗剤を使用するのに抵抗を感じる場合には、専用の水を使用する方法があります。

 

「ベジセーフ」というアルカリイオン水です。

 

炭酸カリウムを使用して作られています。炭酸カリウムは食品添加物に指定されているので食べ物にかかっても安全です。

 

ベジセーフは、野菜や果物に使用できますが、汚れが落ちる仕組みはイオンにあります。農薬や農薬と一緒に使用される展着剤、ウイルスに、イオンが浸透するとはがれやすくなるのです。さらに、アルカリ性が強いので、かけて30秒経つと食中毒を引き起こす菌が死滅してしまうのです。

 

汚れは目に見えないものもあり、洗うことで落ちる物と落ちないものがあります。特に農薬や菌は健康に対して不安に感じさせるものの一つです。農薬は使用回数を減らしたり、無農薬栽培などもありますが、そういったものは高価です。農薬の使用を減らしたくても日本の気候や人手不足などもあり、農薬を使用した方が良いものを収穫できるという問題があります。

 

輸入された野菜や果物も農薬やワックスがついています。体を守るためには、ベジセーフを使用して洗うのが安全なのです。

 

ベジセーフの特徴の一つはお米も洗えるということです。一度吹きかけて洗い、その後はいつものように洗うだけです。汚れが取れることで、健康に安全な食材になりますが、余分なものが取れるので本来の味になるというメリットもあります。

 

ベジセーフの魅力についてもっと知りたい方はコチラ


ベジセーフを実際に使っている人の口コミ

 

ベジセーフを使って凄く驚いたのですが、お野菜やお米って私達が思っている以上に農薬や汚れが付いているんです。私も実際に使うまでは半信半疑だったのですが、これ程までに普段食べている食材から汚れが出てくるなんて想像していませんでした。
自分だけではなく家族の口にも入る物なので、安心して食べてもらう為にベジセーフが手放せなくなってしまいました。衝撃的だったので皆さんに知って頂きたくて口コミさせて頂きました。


 

 

ベジセーフを使い始めたきっかけは、口コミを拝見したのがきっかけです。皮ごと食べるりんご、かき、ぶどうなどの果物やトマト、きゅうり、レタスなどの野菜にベジセーフを使っています。
無色・無臭でさらっとしている感じです。水洗いでは完全に取れない残留農薬物や添加物がきれいに取り除けるので安心です。実際に使用してみると、黄色く濁った水がでてきて残留農薬物だと一目でわかります。皮ごと食べても新鮮でいつもよりレタスはシャキシャキしている感じがしました。


 

 

テレビで芸能人が野菜を洗剤で洗って食べるのを見てやり過ぎだと思いつつ、子供がまもなく離乳食が終わって生野菜を食べ始める時期が近付いたので、試しに口コミの評価が高かったベジセーフを注文しました。
注文して数日後にベジセーフが届いて、説明で書かれている通りに、ミニトマトに吹きかけると、公式ページに書かれている通りに黄色い展着剤や茶色い農薬が溶けだしてました。そのミニトマトをよく水で洗って食べると、いつものミニトマトよりも苦みや渋みが抜けてより甘く感じられて驚きました。


ベジセーフは、楽天で抗菌・除菌グッズ部門1位の商品

野菜洗い専用水「ベジセーフ」は、楽天ランキングの抗菌・除菌部門で1位を獲得しました。楽天で1位を獲得するということは、多くのひとが「食の安全」への意識が高いことの表れではないでしょうか。

 

「ベジセーフ」の特長は4つ

 

1とつめは、すばやく汚れを吸着する

電子イオンをたくさんもった特殊なイオン水の「ベジセーフ」は、イオンの力で汚れと野菜のあいだにすばやく浸透して汚れを吸着します。

 

2つめは、汚れをはがす

プラスイオンの汚れをマイナスイオンが包み込み、汚れを落とします。

 

野菜に「ベジセーフ」を吹きつけることで、野菜の表面がプラスからマイナスになり、マイナスイオン同士で反発し合うことで汚れがはがれ落ちます。マイナスイオンをたっぷり含んだアルカリ電解水だから可能となります。

 

3つめは、除菌効果もある

微生物が生育できない、水素イオンをたくさん含んだ「ベジセーフ」。残留農薬を落とすだけでなく、スプレー後約30秒で食中毒菌やサルモネラ菌、大腸菌を除菌できる効果も期待できます。

 

4つめは、ひと、自然に配慮し、安全にこだわっている

無着色・無香料・無刺激の「ベジセーフ」。界面活性剤や環境汚染物質を含んでいないので、小さなお子さんのいるご家庭でも安心してお使いいただけます。

 

また、「ベジセーフ」は時間の経過とともにただの水に還るので安心です。野菜や果物、お米の洗浄など、毎日使うものだからこそひとや環境へのこだわりをもってつくっています。

 

 

これらのことが、楽天ランキングで1位を獲得する理由なのですね。

 

また、「ベジセーフ」は野菜を洗うことで食材の旨味が増し、食感もよくなる効果もあります。野菜嫌いのこどもたちが「喜んで食べるようになった」という声も聞かれ、こどもの野菜不足を心配するママたちにも好評です。

ベジセーフは農薬やワックスを除去して安全な野菜にする

近年クローズアップされている「残留農薬問題」。農薬に対する危険性が知られている一方で、農作物を安定的に供給するためには必要不可欠なものであるのも事実です。

 

では、わたしたちは「残留農薬」について、どのように対処すればよいのでしょうか

 

そこで役立てていただきたいのが「ベジセーフ」です。

 

「ベジセーフ」とは、野菜などに残っている農薬やウイルスを洗い流すことができる野菜洗い専用の水です。飲料用の水を特殊なフィルターでろ過し、99.9%の純水で作られたアルカリイオン水素水である「ベージセーフ」で野菜などを洗うと、野菜に残っている農薬や細菌類などを落とすことができます。

 

独自に開発した野菜洗いに最適なPH値にしたことで、野菜や果物、お米などの残留農薬を落とすことができるようになりました。

 

さらに「ベジセーフ」は通常のアルカリイオン水と比べて水素の含有量が多いため、水で洗うよりもしっかりと残っている農薬も落としながら野菜本来のもつおいしさを蘇らせることができ、冷蔵庫で保存する際も鮮度が長持ちする効果があるとされています。健康に対する意識の変化で「食の安全」への関心がより高まっている昨今、残留農薬のこどもへの影響も懸念されています。

 

まずは野菜洗いから見直し、毎日の食卓から「食の安全」を考えてみてはいかがでしょうか。そのために有効な商品として「ベジセーフ」をおすすめしたいと思います。

 

ベジセーフの魅力についてもっと知りたい方はコチラ